風の吹くままに

オンラインゲーム「マビノギ」での出来事や日常の出来事などを気ままに記していくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ちょっとだけ、マジメなお話

まるまる2ヶ月ほどぶりでございます。
寒さも通り越し、いよいよ春めいてきましたな。
あっという間に月日が経つのを実感しています。

早いと言えば、ちょうど先週の日曜で、
あの震災から1年経ったわけですな。
今日はちょっとだけ、マジメなお話となりますよ。


ついこの間、職場関係で来年度に向けての
決起集会のようなものがありました。
その中で、ちょうど隣席に座った女性がいたのですが、
その方が福島から原発関連で避難してきていた方でした。

なんと声を掛けていいかがわからなくなりましたが、
日常的な会話をすることで、少しだけ打ち解けられた気がしました。

その方が、印象的なことを言ってました。
「福島だけ、復興から置いてけぼりにされている」と。
どういうことかと聞いてみると、
「原発には人がいっぱい行っているのだが、
 一方で、津波によって生じた瓦礫が、
 あの地震の時のまま残されているんです」
と答えてくれました。

避難してきた方がこう言っているということは、
正にそのままの状態なのでしょう。

「いざ避難勧告が解除されても、戻った時にあのままじゃ住めません」
と言っていた時の、何とも表現しがたい表情。

報道だけではわからない、本当に現地で起きている事実を、
ほんの少しだけ垣間見ることができた瞬間でした。


また同時に「我々も負けてられないな」とも感じました。

元気を分けてあげるべきこちら側が、
逆に元気を貰ってしまっているんですもの。

みんながまた元通りに、
心の底から笑顔で暮らせるように、早くなってほしいものです。


といったところで、今日はここらで終わりとします。
ではまた。
日常の事 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<春になっちゃった | HOME | 遅すぎですが、ごあいさつ>>

この記事のコメント

そうなんですよね、ガレキですよ。
復興の妨げになってる原因。
それに、地方だからと復興が軽視されてるのも
問題かと。
神戸・淡路大震災の時は復興早かったのに。
と、何も出来ない僕が言うのもおかしいですが
そう考えてしまうのですよ。
2012-04-01 Sun 18:40 | URL | karina #sytdr.WM[ 編集]
karinaさん>
色々な要因が重なって、
これほど復興が遅れてしまっている気も
しますよね。

全ての人が同じ方向を向いて、
それでやっと本格的に復興を
始めることができるようになると
そう考えていたりもします。
2012-04-08 Sun 22:13 | URL | アスカル #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。