風の吹くままに

オンラインゲーム「マビノギ」での出来事や日常の出来事などを気ままに記していくブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

雪で喜ぶのは、子供だけかと

お昼前の事でした。
職場でふと、窓から外を見やると
「げ、雪だ」
思わずそう口走っていました。


今年に入って何回目でしょう。
例年よりも多い気がします。
雪が降ると、子供たちは雪だるまを作ったりして遊ぶ。
そうでなくても喜んで外で遊ぶ。
そんな光景を思い浮かべるでしょう。

ただ、当の私はというと、
雪が降るとやはり、少し困るのです。
何せ車で通勤するものですから。

スタッドレスタイヤには、もう変えてあります。
チェーンも装備してます。
だからたとえアイスバーンでも、ゆっくり運転すれば
乗り切れると思っています。実際乗り切ってますし。

ところが、それよりも怖さを感じる瞬間があるのです。
それはというと…
「道に街灯も何もない、真っ暗な中を走る時」です。
雪が降っている中で歩くと、雪の落ちる速度が遅いせいで、
全部自分に向ってくる経験、皆さんもしたことがあると思います。
それが車で走っていると、
窓ガラスに映る光景は「真正面から雪がバーっと向かってくる」
そういう状況になります。
そうなったら最後、視界はほとんどなくなってしまうのです。

主要道などの明るいところなら、まだ乗り切れます。
しかし明かりも何もないと、速度を上げれば上げるほど、
視界はどんどん悪くなるのです。
遠くを照らそうとライトを上向きにでもしようものなら…
完全に視界はゼロに近くなるのです。

ただでさえド近眼の私には、この状況はヤバイです。
なので、ほんとにノロノロ運転で、普段の倍以上の時間をかけて
それを乗り切るわけですが。

今日の帰りは、そこまで降り方もひどくなかったので、
なんとかやり過ごせました。

雪道は危ないです。
歩く人も運転する人も、気をつけるに越したことはないですぞ。

といったあたりで、ここまでです。
ではまたー。
日常の事 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<雰囲気に圧倒された者 | HOME | 予定外>>

この記事のコメント

うちの地域では、雪は稀に降るけど
積もることはほとんどないです。
なので、いつだったか雪が積もったときは
事故がたくさんありましたよ。
その当時、勤め先に行くまでに事故を
三回見ました。

慣れてないとはいえ、雪で滑るのに
なんでスピードを出すんでしょね。
2010-03-13 Sat 21:33 | URL | karina #sytdr.WM[ 編集]
雪が降ると飽きるまで外を眺めてます・・・
テンション上がりっ放しで・・・
酷いときはそのまま外に出て雪まみれで大喜びw
いい年して子供過ぎますね・・・orz
2010-03-14 Sun 20:19 | URL | とらねこ #-[ 編集]
karinaさん>
雪が降ると、道が混むので
遅れないようにと急ぐ。
んでもって、結果事故になってるのでしょうか。

雪が良く降るこっちの方でも、
この前積もった時は2ヶ所で事故ってるのを見ました。
普段以上に気をつけないといけないですね、ほんと。

とらさん>
その純粋さがまだあるのはうらやましいですね。
とはいえ、最近の子供を見てると、
そういう光景すら少なくなった気がします。
なんだかさびしい世の中になったものですな。

…私は逆にもうちょっと純粋さが欲しいっすw
2010-03-15 Mon 20:25 | URL | アスカル #-[ 編集]
うちのほうは今年雪降ったかなぁ・・・
ちらって舞ってるのは見た気がするような・・・
もしかして、夜中の間に降ったかもって感じです。
同じく車通勤ですが、スタッドレスには代えてないですね。
雪が積もってとか、道が凍ってとかってのは年に1~2度あるかどうかで、今年はなかったしー
そうなったらタクシーで通勤する予定です。
私の状況だとスタッドレス4本用意して、タイヤ交換してもらってっていうよりも、そのほうが経済的ですものね。
2010-03-21 Sun 12:30 | URL | リーフパイ #-[ 編集]
リーフさん>
あんまり雪が降らなければ、
スタッドレスは必要ないかもですね。
そういう状況になったらタクシーとは…
私の場合、そこまでしないで休んでしまいたいですw
2010-03-21 Sun 14:46 | URL | アスカル #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。